HOME > ビール紹介 > LIMITED > INDIVIDUAL ORCHSTRA #1 / take3

BEER

thumb-img
thumb-text

Kveikとミシガンホップが奏でるジューシーでシトラスな多重奏!

INDIVIDUAL ORCHESTRA #1 / take3

インディヴィデュアル オーケストラ #1

Session Hazy IPA

ABV
5
/
SRM
4.21
/
FG
1.011
/
醸造士
斯波 克幸 / Katsuyuki Shiba
醸造所や醸造士以外とコラボレーションすることで、別の視点からの設計思想を融合させるというコンセプトのINDIVIDUAL ORCHESTRA。Raw Ale / ロウエール製法とKveikで仕込んだSession Hazy IPA第1弾の3バッチ目。

今回もMichigan Local Hopsオリジナルホップ2種類のMackinacとCopper、そして前回使ったChinookはCentennialと入れ替えました。

またMackinacとCopperの比率も完全に入れ替え、今回の主役はCopperです。その結果、前回のような複雑なトロピカルフレイバーというよりは、とにかく圧倒的な南国の柑橘感、たとえばシークヮーサーのようなシトラス系の香りと風味がしっかりと楽しめるジューシーな仕上がりです。

アルコール度数は5%と前回よりも少し上げましたが、5%以上あるように感じられる飲みごたえと香り豊かな余韻はRaw Aleならではの満足感。

Raw Ale製法では糖化と濾過は通常通り行い、その後70~80℃の温度帯で一定時間保温します。沸騰させないため麦芽由来のタンパク質や風味が麦汁に豊富に残ります。

また、70~80℃の温度帯はホップ由来の苦味を抑えつつ香り抽出を行うのに適した温度帯。ホップの投入スケジュールもこの温度帯に合わせて工夫しており、どんどん進化しています。

次回以降もMichigan Hopを軸に、ホップフレイバーを楽しめるRaw Aleをお届けします。楽しみにしてください。
穀物類 / Grain & Other fermentable
原料メーカー原産国
Pale AleIREKSGerman
Wheat Malt LightIREKSGerman
Crystal MapleIREKSGerman
Sour Malt(pH調整)IREKSGerman
ホップ / Hops
原料メーカー原産国
CopperMichigan Local HopsAmerica
MackinacMichigan Local HopsAmerica
CentennialMichigan Local HopsAmerica
その他副原料 / Other
原料メーカー原産国
酵母 / Yeast
原料メーカー原産国
VossLallemandAustria
コラボレーション パートナー
所属
セバスティアン・ホヘンタナー / Sebastian Hohentanner 株式会社BET / BET CO., LTD.

BEER STYLE TAG

本ページ内の画像やテキストはどな たでもご自由にお使いいただけます。 SNS への投稿やビールの販促用にお 使いいただければ嬉しいです。
※上記以外の二次利用は出来ません のでご注意ください。