HOME > ビール紹介 > LIMITED > INDIVIDUAL ORCHSTRA #4 / take1

BEER

thumb-img
thumb-text

優しい酸味とフルーティで爽やかな果実感、Kveik酵母と乳酸菌の共演

INDIVIDUAL ORCHESTRA #4 / take1

インディヴィデュアル オーケストラ #4

Berliner Weisse

ABV
3.4
/
SRM
11.9
/
醸造士
斯波 克幸 / Katsuyuki Shiba
INDIVIDUAL ORCHESTRA #1~#4までのコラボ相手は、株式会社BETでビール原料の調達をはじめマーケティング&セールスディレクターを務める友人のSebastian Hohentanner氏。ミュンヘンの DOEMENS( ドゥーメンス)醸造学校でディプロム・ビアソムリエを卒業した彼は、あえて言うまでもないですが、ビールのプロフェッショナルです。

今回のビールは#1~3まで続けてきたRaw Aleの製法から離れ、ドイツはベルリンのちょっと酸味のある小麦のビールをつくりました。一般的な小麦麦芽に加えて古代小麦とも呼ばれるSpeltを使い、酵母メーカーWhite Lab社の新作パッケージであるWLP631 Appalachian Tart / アパラチアン タルトで醸しました。おそらく国内の醸造所では初めて使われたパッケージです。

Appalachian Tartは北欧由来の酵母KveikとLactobacillus(乳酸菌)が一つのパッケージになっている製品です。酵母が発酵を終えたあたりから乳酸菌が活発になり、酸味と固有の香りを生み出します。このビールからは、赤りんごのような爽やかな風味と、洋梨、そしてほのかにクランベリーやラズベリーのジャムのような甘い香りも感じられます。

Berliner Weisseですが、通常は個々人が好きな酸味に調整できるように味や香り付けのシロップと一緒に提供されることが多いです。それに因んではじめからフルーツなどを添加する方法がアメリカなどでは取られています。今回は酸味が優しくそのままでも繊細な果実味を十分楽しんでいただきたいので、そのままのご提供です!
穀物類 / Grain & Other fermentable
原料メーカー原産国
Pilsner malt IREKSGerman
Spelt MaltIREKSGerman
Wheat Malt LightIREKSGerman
Sour Malt(pH調整)IREKSGerman
ホップ / Hops
原料メーカー原産国
Strissel SpaltMichigan Local HopsAmerica
その他副原料 / Other
原料メーカー原産国
酵母 / Yeast
原料メーカー原産国
Appalachian TartWhite LabAmerica
コラボレーション パートナー
所属
セバスティアン・ホヘンタナー / Sebastian Hohentanner 株式会社BET / BET CO., LTD.
このビールには赤いりんご、洋梨、裏にクランベリーや小麦のニュアンスがあります。確かにビールではあるけれども、優しく甘味の感じられる口当たり。マイルドな酸味がリンゴでつくられるサイダー(シードル)のような印象も少し与えてくれます。ライトボディーと3%の低アルコールで、爽やかな最初の一杯としておすすめです。

BEER STYLE TAG

本ページ内の画像やテキストはどな たでもご自由にお使いいただけます。 SNS への投稿やビールの販促用にお 使いいただければ嬉しいです。
※上記以外の二次利用は出来ません のでご注意ください。