Hop Filament -Idaho7-

毬花の光源
きらめいて

幻灯緑酒の
世が始まる

振動は共鳴する
感動は伝播する

エーテルとアストラル
ルプリンの交流電流が
心の花糸に火種を灯す

Idaho7
Aroma/Flavor: Strong Citrus, Tropical Fruit, Herbal
Total Oil: 1.0-1.6ml/100g
Born in America


 Hop Filament – Idaho7 –
ホップフィラメント – アイダホ7 –

Single Hop IPA
シングルホップ アイピーエー
No. 2 ABV 6.0% SRM 3.5


【タンジェリンオレンジ、トロピカル、ブドウ果肉のような余韻】

一つのホップで風味付けをし、その個性を楽しんでもらうシリーズ。第二弾はアメリカ産ホップのIdaho 7 / アイダホセブン。2015年に発売されました。とにかく香気成分を豊富に持つことで知られるホップです。最新の研究論文を豊富に引用しつつ、人気醸造所Other HalfやBreak Side Brewingなどからも情報提供を受けて2018年に発刊されたNEW IPA -Scientific Guide to Hop Aroma and Flavor- という本がありますが、その著者Scott Janish / スコット・ジャニッシュ氏が最も注目するホップがIdaho 7です。 

冒頭にも書きましたがIdaho7の最大の特徴はその香気成分の豊富さです。Yakima Chiefの研究結果によるとモノテルペンアルコール(リナロールとゲラニオール)、チオール(3MH)、ホップ由来のエステル(2MIB)の含有量が抜群に多く、今でも人気度の高いMosaic、Citra、Simcoeよりもさらに多いという分析があります。 

アタックにはまずフローラルな印象とそして酵母由来とも思えるほのかな青りんご、洋梨様、そして温度が上がるとタンジェリンオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘。フレイバーが複雑で、アロマと同じくタンジェリンオレンジ、続いて熟れたパイナップル、マスクメロン、アプリコットのような甘みと樹脂感、余韻にはブドウの果肉やフローラルな印象が残ります。余韻の甘い印象はあくまで香り由来のもので、糖はほとんど食べつくされたドライな仕上がりです。今回も副原料として使用したグラニュー糖は、飲み口軽快なスッキリとした仕上がりと、酵母由来の香りを少しだけ豊かにするための工夫です。 

Idaho7は、くにぶるのレギュラービールの一つ「るつぼヘイジー」のメインホップで「富士見通りStruttin’」などにも使われていますが、今回シングルホップで使用して感じたのは、他の香気成分を引き立てるエンハンサー的なポテンシャルの強さです。これからも沢山使っていく予定のIdaho 7。大好評だった前作のシトラと同様に苦味は控え目で、スッキリした軽快な仕上がりです!
(醸造長 斯波克幸)


profile ※醸造士が感じた要素の強い順に記載しています。

香り – フローラル、タンジェリンオレンジ、グレープフルーツ
味わい – マスクメロン、タンジェリンオレンジ、パイナップル、アプリコット、樹脂、ブドウ
苦味 – 心地良い苦味
口当たり – スッキリとした軽快な飲み心地


materials / 原材料

酵母
 BRY-97 Lallemand Austria

麦芽 / 穀物類
 Pilsner  IREKS German
 Pale Ale Malt  IREKS German
 Munic Malt  IREKS German
 Sour Malt(pH調整)   IREKS German

ホップ
 Idaho7  Yakima Chief America

副原料
 Granulated Suger


[SEKIYA TAP STAND]
せきやセレクトによるクラフトビールの量り売りを行います。
【営業時間】12:00 – 20:00
【場所】国立市中1-9-30 せきや1F
【アクセス】国立駅南口から徒歩1分
☆くにぶるオリジナルグラウラーをご利用いただくとビールが5%OFF!

[業務店様のご購入についてはこちらをご覧ください]
https://shop.kunitachibrewery.com/

[KUNITACHI BREWERY -くにぶる-]
http://kunitachibrewery.com/

TAGS