news

8月2日発売の「BRUTUS」No.944特集にて、くにぶるを紹介いただきました。 東京・国立(くにたち)のシンボルである、赤い三角屋根の旧国立駅舎の再築とともに醸造をスタートした「KUNITACHI BREWERY – […]

自分へ、大切な人へ、「くにぶる」のビールを送りませんか? くにぶるの醸造長・斯波と醸造士・小針が、心を込めて(設備を使って手作業で)瓶に詰めました。 タンクからビールをボトルに移し、空気が入らないように手早く打栓する…… […]

7月14日発売の「ビール王国 vol.31」の特集「低アルコールのビールのシーンをつかまえる」にて、くにぶる醸造長・斯波克幸の取材記事を掲載していただきました。 くにぶるでは、アルコール度数3%前後の低アルコールビールも […]

いつも食べているお米の祖先である、“古代米”を知っていますか? 東京都国分寺市の恋ヶ窪(こいがくぼ)で発見された「武蔵国分寺種赤米」もその一つ。その赤米を、現在は国分寺市・青梅市の田畑で栽培し、次世代へとつなぐ取り組み「 […]

平日は職場のある国分寺駅から、国立駅で途中下車。休日は、夫婦ふたりのお出かけに。国立駅前の「SEKIYA TAP STAND」に立ち寄って、くにぶるの新作ビールなどをテイクアウトしてくださっているまこさん。 この日、グラ […]

毬花の光源きらめいて 幻灯緑酒の世が始まる 振動は共鳴する感動は伝播する エーテルとアストラルルプリンの交流電流が心の花糸に火種を灯す Idaho7Aroma/Flavor: Strong Citrus, Tropica […]

6月19日(土)・20日(日)の2日間、静岡のビアバー「Craft Beer Station」で、くにぶるの“Tap Takeover”(一つのブルワリーの多様な樽生ビールを提供するイベント)が開催されます! Craft […]

関東では今日から梅雨入りですね。国立駅前の「SEKIYA TAP STAND」では、雨の日にうれしい“あめにうたえば セール”がはじまりました! 生ビールを持ち運べるくにぶるオリジナルの「グラウラー」のお持ちの方は、さら […]

イナホの花はあめに恋してほし架かるそらの下世界の秘密をうたうふるふるFu- Fu-ほとほとり あめつち照らすみづみづしいものたちは生きとし生ける音をもつ あめにうたえばSingin’ in the heave […]

「おうちで生!」が楽しめる、くにぶるのホームサーバーのレンタルが6月12日(土)よりスタートします!かねてよりお待ちかねいただいておりましたが、サーバーに必要なガスが入荷したので、満を辞してのレンタル解禁となりました。お […]

あの日、迷い込んだのは丘の上の懐かしい街並み肉屋の角のむこうのカフェでマニッシュな女神と知り合った ひとこと、ふたこと、言葉を交わし軽口叩いて、笑い合うよく磨かれたグラスのビールは真昼の線香花火のように輝いた 僕のことは […]