pickup

2020年、日本で初めての「Raw Ale」への挑戦。くにぶるの醸造長・斯波克幸が、麦汁を沸騰させないビール「Raw Ale」に興味を持ったのは、北欧生まれの酵母「Kveik(クヴェイク)」を通じてでした。 Kveikを […]

2020年の醸造開始以来、くにぶるの定番ビールとして定評をいただくようになった「1926」は、1926年に生まれた国立のシンボル「旧国立駅舎」がモチーフのビールです。 ビアスタイルは、ドイツのケルン地方で伝統的に作られて […]

2020年11月1日に東京・国立で醸造開始したくにぶる。コロナ禍が明けたら、いつの間にか私たちの周りにはたくさんの人がいて、ビールの楽しみ方も、これまでよりもずっと多様に、豊かに広がっていました。 TO BEER OR […]

くにぶるの参加イベントをまとめています。※最新情報が公開され次第随時追加 入江農園収穫祭/ 11.3(fri)10:00-16:00 コラボビール「839」を一緒につくった「のろし醸造( @noroshibrewery […]

「そうだ、わかった! 一種の音楽なのよ。いつでもひびいているから、人間がとりたてて聞きもしない音楽。でもあたしは、ときどき聞いていたような気がする。とっても静かな音楽よ。」 時を司る不思議な老人マイスター・ホラに抱かれて […]

「ALE & BOOKS」は、読書週間に合わせて、「ビールと読書」をテーマに醸されたビールと本のペアリングを楽しむ企画です。2021年に奈良醸造によりスタートしました。ALE & BOOKS 特設ページ […]

アフタヌーンティーならぬアフタヌーンビールというと、あまり聞き覚えがないかもしれませんが、イギリス人にとって、昼間からゆったりビールを飲むのは至高の時間なのだそう。 「鳥たちは峡谷に歌う」シリーズでは、そんなイギリスのパ […]

くにぶるの参加イベントをまとめています。※最新情報が公開され次第随時追加 南武線ビアマルシェ / 10.13(fri)16:00-22:00 10.14(sat)11:00-21:00 JR南武線で初開催のビールイベント […]

秋分を迎えて、今年もくにぶるが奏でる四季の“あわい”シリーズから「秋のあわい」がリリースしました! あわいシリーズのラベルには、くにぶるがある国立のメインストリート「大学通り」から見渡した景色が描かれています。 大学通り […]

長野県佐久市で栽培されたホーリーバジルをふんだんにつかった、「apéro Sacrée Saison / アペロ サクレ セゾン」がリリースしました! フレッシュバジルとドライバジルをそれぞれ醸造工程ごとに分けて使用して […]

原宿「SCOO」店主との「文学好き」という共通点から生み出されてきた文学シリーズ。蜘蛛の糸、羅生門、或阿呆の一生、こころ、と続き、「吾輩は猫である」のビールがリリースしました! ソーヴィニヨン・ブランのような白ぶどうの香 […]

和歌山のNomcraft Brewingと、あの名作RPGを讃えるコラボレーションビール2作目がリリースしました!前回、くにぶるで醸した「終わらない物語」は“土のクリスタル”をテーマでしたが、今回、Nomcraft Br […]