クラフトビールのある日常 ver3

ver2に引き続き、「Craft! KUNITA-CHIKA」シェフの角田さんが手がけるビールとよく合う一皿は、「桃とリコッタチーズのサラダ」。

「このサラダは、はちみつをかけても美味しいのですが、あえてレモンオリーブオイルとハーブソルトでさっぱり仕上げて、はちみつが香るくにぶるの限定ビール『Revive me』とのペアリングをイメージしてみました。ビールの中にある素材を料理にも取り入れる、または料理に足りない素材をビールの要素で補う、そんな考え方でメニューを作っています」と、角田さん。

美味しいビールはどんなものにも合う、と角田さんと店長の吉田さんは口を揃えます。自宅でのビールのペアリングをする時は、あまり難しく考えなくてもいいのかもしれません。

目黒のお店「THE DODO HOUSE」の4周年を記念して生まれた、はちみつ入りの限定ビール「Revive me」もそうであるように、クラフトビールは一期一会のもの。今日すごく美味しかったビールが、3日後にはなくなっていたり、半年後にもう一度見かけたり。同じ銘柄でも、作り手や時期が変わればまた違う味わいになったり、新しいバージョンのものが出てきたり。

「Craft! KUNITA-CHIKA」を運営する「株式会社エマリコくにたち」が応援している都市農業も同様に、同じ野菜でも作り手や時季によって味わいが変わります。クラフトビールと地場野菜の楽しみ方や味わい方は、少し似ていますね。

「くにぶるではいろんなスタイルのビールが作られていて、色々と味わって楽しむうちに、自然とビールを好きになれます。例えば4人でいろんなビールを4本買って、家飲みで飲み比べてみるのも楽しいですね!」と吉田さん。

どちらも国立駅前で気軽に手に取ることができる、くにぶるのビールと国立野菜で、テーブルを囲んでみませんか?

今回紹介してくれた「桃とリコッタチーズのサラダ」は、「Craft! KUNITA-CHIKA」再開後のメニューに並ぶ予定です!

「Find me」ボトル 👉10月中旬以降に再販決定!
「Craft! KUNITA-CHIKA」 👉10月1日営業再開します!
 ※営業時間は公式情報をご確認ください

取材協力/ Craft! KUNITA-CHIKA
店長 吉田誠佑さん、シェフ 角田和彦さん
https://www.instagram.com/craftkunitachika/

[SEKIYA TAP STAND]
くにぶるをはじめとする、せきやセレクトによるクラフトビールの量り売りを行います。
【営業時間】12:00 – 20:00
【場所】国立市中1-9-30 せきや1F
【お問合せ】042-571-0001
【アクセス】国立駅南口から徒歩1分👉
くにぶるオリジナルグラウラーをご利用いただくとビールが5%OFF!
👉くにぶるのビールを買われた方には、ビールイメージを表現した特製コースターカードをお渡ししています!

[くにぶるオンラインショップ]
https://kunitachibrewery.shop/

[業務店様のご購入についてはこちらをご覧ください]
https://shop.kunitachibrewery.com/

TAGS