クラフトビールのある日常 ver2

国立駅前の、くにぶるのフラッグ店でもある「SEKIYA TAP STAND」のあるせきやビル。

その地下に降りると、緊急事態宣言下で休業中のビアバル「Craft! KUNITA-CHIKA(クニタチカ)」の扉の向こうから、なにやら活気のある声が聞こえてきました。

くにぶる取材班が中を覗くと、店長の吉田さんとシェフの角田さんは、営業再会時に向けた新しいメニュー開発の真っ最中。

「くにぶるの限定ビール『Find me』に合わせた開発した、新メニューができました!」

と、角田さんが見せてくれたのは……トレビスのうつわが鮮やかな南国の花びらのような「ピンクグレープフルーツ、セロリ、イカのマリネ」です。ピンクグレープフルーツの爽やかな香りが、ビールの苦味を引き立てます。

目黒のお店「THE DODO HOUSE」の4周年を記念して生まれた「Find me」は、ホワイトグレープフルーツ果汁入りのビールです。一度出来上がったビールに後から果汁を加えて香りをつけることは簡単ですが、「Find me」では発酵前のビールにグレープフルーツ果汁を加えてから発酵させています。果汁の香りが飛ばさないよう温度調整をしながら加熱しているため、グレープフルーツ感がしっかりと残っているのです。加えて、ホップの使い方により味に奥行きをつけているので、ピンクグレープフルーツのような甘やかな味わいも。シェフの角田さんの舌は、そのほのかな甘みをしっかりと感じ取っていました。

「ビールといえば揚げ物! というイメージですが、新鮮で濃厚な野菜や果物にもよく合います。地元だからこそ鮮度高く味わえる旬の野菜と、地元のビールを、ご自宅でも合わせてみてもらえたら」と、吉田さん。

クニタチカを運営する「株式会社エマリコくにたち」は、地元の野菜を地元で販売・流通させることで都市農業を応援しているベンチャー企業。国立駅から徒歩5分の「しゅんかしゅんか」という直売所も運営しています。

今回紹介してくれた「グレープフルーツ、セロリ、イカのマリネ」は、お店が再開したらメニューに並ぶ予定です。今はひっそりと閉じている飲食店が、再会を見据えて準備中であることがわかると、お店でビールを飲める日がより一層楽しみになってきますね。

「Find me」ボトル 👉10月中旬以降に再販決定!
「Craft! KUNITA-CHIKA」 👉10月1日営業再開します!
 ※営業時間は公式情報をご確認ください

取材協力/ Craft! KUNITA-CHIKA
店長 吉田誠佑さん、シェフ 角田和彦さん
https://www.instagram.com/craftkunitachika/

[SEKIYA TAP STAND]
くにぶるをはじめとする、せきやセレクトによるクラフトビールの量り売りを行います。
【営業時間】12:00 – 20:00
【場所】国立市中1-9-30 せきや1F
【お問合せ】042-571-0001
【アクセス】国立駅南口から徒歩1分👉
くにぶるオリジナルグラウラーをご利用いただくとビールが5%OFF!
👉くにぶるのビールを買われた方には、ビールイメージを表現した特製コースターカードをお渡ししています!

[くにぶるオンラインショップ]
https://kunitachibrewery.shop/

[業務店様のご購入についてはこちらをご覧ください]
https://shop.kunitachibrewery.com/

TAGS